閉経をはさみ前後10年間のことを更年期を呼びます。一般的に、更年期は40代から50代の女性を示し、その年代を中心に発症する月経異常や自律神経失調症状、精神神経異常などのことを更年期症状と呼びます。更年期症状を起こす原因の1つが、女性ホルモンにあります。閉経の時期がくると、少しずつ卵巣の働きが低下してきます。そうすると、卵巣で作られる子宮に関わりのある女性ホルモンの1つであるエストロゲンという物質が、卵巣の機能低下により、量が減少してしまいます。エストロゲンが減少することで、更年期の症状が起きてしまいます。しかし、さいきんでは、20~30代の女性であっても、ストレスや不規則な生活を続けていると、自律神経がバランスを崩してしまうことで、エストロゲンが減少してしまい、結果的に更年期の症状とよく似た症状が出ることがあります。そのため、女性は、エストロゲンというホルモンの量を、安定させる必要があります。ホルモン量を安定させるには、どうすればいいかというと、サプリメントを摂取することで改善する方法があります。サプリメントで足りないエストロゲンを補給することにより、体調も安定しますし、ホルモンが増加することにより、豊胸や育乳などの効果もあります。自律神経失調症状などのイライラな気分をそのままほうっておくと、鬱などの症状につながる恐れもありますから、早めにサプリメントを摂取するなどして、改善することが大事です。あなたも今すぐサプリメントで・・・・⇒女性ホルモンを増やす!